NASに保存した音楽や動画、テレビ番組の再生に必要な機能



NASがあると容量を気にすることなくデジカメやスマホで撮影した写真や動画を保存したり、音楽を保存することができるようになります。NAS1台にすべてのデータを集約させることができるので、管理がとても簡単になります。

そして、ホームネットワークを構築するにあたって、NASに保存したテレビ番組や動画、写真、音楽などをテレビやタブレット、PC、スマホなどの機器や端末で楽しむためには、必須の機能がいくつかあります。

ここでは、ホームネットワークを構築するために必要なNASの機能をご紹介したいと思います。


DLNA


DLNAとはDigital Living Network Allianceの頭文字をとったもので、テレビやレコーダーなどの家電やパソコン、スマホなどの端末など、LAN(ネットワーク)を通して互いに動画や写真、音楽などのデータをやりとりできるようにするためのガイドラインです。


NASがDLNAに対応していると以下のようなことができるようになります。

  • 子どもの運動会で撮影したビデオを家族そろってテレビやタブレットで見る
  • 旅行の思い出写真を仲間とともに大画面のテレビで見る
  • NASに入った音楽を別の部屋でスマホで聞く
  • 録画したテレビ番組を別の部屋で見る
  • スマホでNASに入っている動画や写真を探して、指定したテレビで再生させる
  • スマホでNASに入っている音楽を探して指定したミニコンポで再生させる


スマホやデジカメなどに撮影した写真や動画、音楽をDLNA対応のNASで管理しておくと、ネットワークでつながったテレビやスマホ、タブレット、PCで好きな時に鑑賞できるようになります。スマホやデジカメの小さな画面ではなく、大きなテレビ画面で、しかも家族そろって撮影したビデオ動画を楽しむといった使いかたができます。また、家の中にホームネットワークを構築しておけば、別の部屋でNASに保存しておいた動画や写真、音楽を鑑賞することもできます。


写真や動画、音楽をいちいち再生したい機器や端末にコピーする必要がありません。また、ビデオカメラとテレビをケーブルで接続するといった手間もありません。とても簡単にデータの共有と鑑賞ができるようになります。


DTCP-IP


DTCP-IPとはDigital Transmission Content Protection over Internet Protocolの頭文字をとったもので、地デジ番組などのデジタルコンテンツの不正コピーを防止するための機能です。


録画したテレビ番組を機器から機器に伝送する場合は、送信する側が暗号化し、受信側でデータを復号しています。そのため、テレビ番組をNASで録画し、対応する機器(テレビやパソコン、タブレット、スマホ)などで再生する場合に、NASがDTCP-IPに対応していないと録画した番組を見ることができません。


テレビ番組を録画し、上記のDLNA機能を使って別室のテレビで見るような場合にはDTCP-IPに対応している必要があります。NASがDTCP-IPに対応していること次のようなことができます。




DTCP+


DTCP+は上述した地デジなどのデジタルコンテンツの不正防止機能(DTCP-IP)の上位バージョンになります。DTCP-IPに対応したNASであれば録画したテレビ番組を家庭内に限って楽しむことができますが、NASに録画したテレビ番組を外出先で見たいと思った場合にはDTCP+に対応している必要があります。


外出先でNASに録画したテレビ番組を見る必要がなければ、この機能は必要ありません。



DLNA、DTCP-IP、DTCP+対応のおすすめのNAS


ホームネットワークを構築するときにおすすめのNASをご紹介します。特に撮りためた動画や写真、音楽、テレビ番組などを他の端末でも見ることができるように、DLNAやDTCP-IP、DTCP+に対応している製品をご紹介しています。


バッファロー LS210DGシリーズ LS210D0201G 


手ごろな価格で購入できるNASとして人気です。初心者から上級者まで幅広い層に使われています。

動画や音楽をネットワークから再生できるDLNA機能が搭載されています。録画した番組を自宅内のテレビや録画機器で再生できるDTCP-IP機能も搭載しています。このNASに保存した音楽をLANにつながったパソコンのiTunesが自動的に発見し、再生できる機能が搭載されていて、家中どこでも音楽を楽しむことができます。DTCP+には対応していません。

外出先からでもNASに保存したデータにアクセスできるWeb Access機能を搭載しています。ただ、グローバルIPアドレスを取得しないと使えないので、詳しくないと設定が難しいです。


 



IO-DATA HDL2-AAシリーズ HDL2-AA4/E  



DLNA、DTCP-IPに対応しています。DTCP+には対応していません。RAID機能を搭載しているので、万が一障害が発生しても、大事なデータが見れなくなってしまうということを防ぐことができます。

外出先からNAS内に保存されたデータにアクセスできるRemote Link 3という機能が搭載されています。グローバルIPアドレスが割り当てられないインターネット環境でも、QRコードを読むだけでつながるので初心者にもわかりやすいです。

 



バッファロー LLS411DXシリーズ LS411D0401X 



DLNAやDTCP-IPに対応しているのはもちろんのこと、DTCP+にも対応しています。自宅外で録画した番組を見たい場合には良い選択肢になります。

ハードディスクレコーダーやTV、NASなど家中に保存されたコンテンツをまとめて表示することができ、とてもわかりやすくなります。家の中にどんなコンテンツがあるのかがスッキリ管理できるようになります。