スマホで充分?インターネットのプロバイダー契約をする5つのメリット



スマホがあればインターネットの契約はしなくていいや、と思っている方はいないでしょうか?確かに、スマホはとても手軽にネットに接続でき、簡単に情報を調べることができます。しかし、スマホだけしか使っていない人は、大きな損をしている可能性があります。そして、実はインターネットのプロバイダー契約をすることによって、大きなメリットを受けることができます。

では、いったいどんなメリットがあるのでしょうか?このページでは、意外に見逃しがちなインターネットプロバイダー契約の5つのメリットについて解説しています。



スマホだけでは十分ではない


LINEやTwitterなどのSNSをしたり、ネットでショッピングや、情報の検索、ホテルの予約などをする場合にスマホを使っている方は多いと思います。最近ではインターネットをする場合に、パソコンを使わずにすべてスマホだけで済ませているという人も増えているという調査結果もあります。


確かにスマホがあれば、インターネットもSNSもすべてできてしまいます。そのため、パソコンは持っていないという人も増えてきました。実際、個人向けのパソコンの販売台数は、年々減少傾向にあります。


しかし、パソコンは不要でスマホだけで十分という人でも、自宅のインターネットの固定回線は不要である、とは思わないでください。


確かに一人暮らしの方やスマホでネットを見るのは少しだけというような方にとっては、自宅へのインターネットの固定回線は不要かもしれません。


でも、動画をたくさん見たり、インターネットをたくさん使う、そして家族がいる人や複数端末をネットにつなげる人にとっては、1カ月間のインターネット通信量は数GB~数十GBと非常に大きくなります。もし、自宅でインターネットを使用する場合に固定回線を契約していないと、スマホの料金は数万円以上に跳ね上がってしまいます。これでは、いくらお金があっても足りませんよね。


そこで大事なのが、自宅でインターネットの固定回線(光回線)を契約することなのです。




プロバイダーと契約するメリット


もし、自宅でインターネットの固定回線を契約した場合、以下の5つのメリットがあります。

    

  • どれだけ使っても費用は一定
  • スマホよりも通信速度が高速
  • 通信量や料金を気にしなくてよい
  • 複数の端末をネットにつなげられる
  • 通信費の節約につながる



まず、一番大きなメリットはどれだけネットを使っても料金が一定ということです。数十MB程度のわずかな量でも、数十GB~数百GBという大量の通信を行っても料金は変わりません。スマホの場合は、月の上限通信量を超えると通信速度に制限がかかります。しかし、自宅で固定回線を契約して、Wi-Fiを使ってネットに接続すれば、スマホの通信上限を超える心配もなく、たっぷりと使うことができます。


動画をたくさん見たり、SNSをたくさんするような人、InstagramやFaceBookに写真をたくさんアップするような人にとってメリットが大きいです。


次に、固定回線の場合、通信速度が1Gbpsなど非常に速いのが特徴です。もちろん、導入する場所によって速度は遅くなることも多いのですが、スマホよりも通信速度が速くなることが多いです。


実際、筆者の自宅でスマホを使って回線速度を計測してみました。以下の画像は、スマホの回線速度と、スマホからWi-Fiで光回線に接続したときの回線速度を比較したものです。その結果は、スマホで直接ネットに接続した場合は53Mbpsであったのに対し、スマホからWi-Fiで光回線に接続すると280Mbpsとなり、5倍以上も高速になりました。サクサクととても快適に使えます。





さらに、家族と同居している場合には、Wi-Fiルーターを使って複数の端末をつなぐことができます。自宅でどれだけネットを使っても通信費は一定ですので、家族のスマホ料金の節約につながってお得です。具体的な料金については、この下の「プロバイダーと契約した場合の月額料金の目安」で解説していますので参考にしてみてください。


また、一人暮らしであっても、パソコンやタブレット、液晶テレビをネットにつなぐこともあります。このように複数の端末からネットを利用する場合には、自宅でインターネットの固定回線を契約しておくと料金の大きな節約にもつながりますし、快適なネット環境を手に入れることができます。




プロバイダーと契約した場合、ネット接続はどうなるの?


プロバイダーのインターネット回線を契約する必要性がわかったところで、じゃあ実際に契約した場合、ネット接続はどうなるの?と疑問に思われるかと思います。プロバイダーの回線を契約する場合は次の2つのパターンがあります。


光回線を契約+Wi-Fiルーターを設置する




一般的なのが光回線を契約する場合です。この場合は、プロバイダーから提供されるモデムを介してインターネットに接続します。モデムにWi-Fi機能が搭載されているものもあるのですが、多くの場合は自分でWi-Fiルーターを購入してモデムと接続する必要があります。Wi-Fiルーターを使うと、スマホからWi-Fiでインターネットに接続できるようになります。


最近のWi-Fiルーターはとても簡単に接続できるようになっていますが、どんなWi-Fiルーターを購入すればいいのかわからない、設定が難しそうと感じる人もいるかもしれません。ただ、この方法はとても高速にネット通信ができるようになるので一番おすすめです。




自宅用Wi-Fiルーターの契約



もう一つはプロバイダーと自宅用Wi-Fiルーターを契約する場合です。上のパターンとは違って、光回線を使ってネットに接続するのではなく、スマホなどと同じ4G回線を使ってネットに接続します。自宅のコンセントに挿せばすぐに使えるようになります。

ただ、4G回線ですので光回線の場合ほど速度は出ません。想像していたよりも速くない場合がありますが、自分でWi-Fiルーターを購入する必要がないのや手軽に設置できるのが大きなメリットです。


プロバイダーとインターネットの固定回線を契約する場合は、機器を1台または2台追加すると考えておけば大丈夫です。あとはスマホからWi-Fiで接続してしまえば何も考える必要なく、インターネットにつながります。




プロバイダーと契約した場合の月額料金の目安


ここまで読んでみて、プロバイダーと契約することのメリットや必要性がおおよそ理解してもらえたのではないかと思います。


でも、プロバイダーと契約するのってなんだか高そうと思っていませんか?


実はそんなことは全然なく、スマホキャリアが提供しているスマホのデータ無制限プランなどよりも安く抑えられます。

例えば、筆者の場合、以下のようになっています。

種類  1カ月の料金 
 1人分 家族4人 
光回線 3,800円 
スマホ 2,980円 11,920円
(2,980×4人分) 
合計 6,880円 15,720円 



筆者の場合、スマホは格安スマホではなくキャリア(docomo、Softbank、au)の最安プランを契約しています。最安プランでは1GBの通信容量がありますが、この容量で全く問題ありません。インターネットは自宅の光回線にWi-Fiで接続してネットを利用することが多いので、自宅でたくさんネットに接続しても通信費は変わりません。


一人の場合、スマホと光回線を合わせた通信費は約7,000円程度ですが、これが家族4人分になると約15,700円程度で抑えられます。スマホからWi-Fiを介して光回線に接続するようにしていれば、家族全員のスマホは最安プランで十分になります。


これが使用量に応じて料金が変動するスマホプランにしていたり、ギガ放題プランなどにしていると、通信費が膨らんでしまいます。


使い方を見直し、光回線を自宅に導入すれば通信費の大きな節約につながります。



    

まとめ


プロバイダーとインターネットの固定回線を契約することで、様々なメリットがあることがお分かりいただけたと思います。


通信料金を気にしながら使うということもなくなります。料金の節約につながることはもちろん、高速な通信ができるのでサクサクと快適に使うことができます。特に子供がいる家庭など、家族が多いとその効果はより大きいので、是非ともインターネットプロバイダーの契約を検討してみてください。