4LDKマンション、3階建て住宅向けおすすめWi-Fiルーター



4LDKタイプの広いマンションや、3階建ての一戸建て住宅で使えるおすすめのWi-Fiルーターをご紹介します。

これらの住宅では広い範囲にWi-Fi電波を届かせる必要があります。また、家族の人数や接続する台数も増えることが多いので、高速で安定した通信に対応できる機種を選択しましょう。


BUFFALO WSR-2533DHPL


コンパクトですっきりとしたWi-Fiルーターです。ボディカラーはクールなブラックのほか、シャンパンゴールドもあるため、部屋のコーディネートにあわせて選ぶことができます。

1733Mbpsの速度と4本のアンテナがあるので、高速で安定した通信が可能となっています。スマホで簡単に設定できる機能があります。ルーターを買い替えても無線引っ越し機能を利用すれば、前の無線設定(WPSを搭載したモデルが対象)を引き継ぐことができますので、端末の再設定が不要で便利です。

端末ごとに時間帯を指定して接続を制限するアクセス制限機能と、有害サイトの閲覧を端末ごとに制限できるフィルタリング機能を搭載しているので、こどもの使い過ぎや危険なサイトにアクセスしてしまうことを防ぐことができます。

WSR-2533DHPは機能はそれほど多くないですが、ネット通信をするには十分な速度と安定性を持っています。機能を絞り込んでいるため、リーズナブルな価格になっています。

Buffalo社のこの製品シリーズは累計出荷台数が4,500万台を突破した人気と実績のある無線LANルーターです。安心して使うことができるのではないかと思います。

 BUFFALO WSR-2533DHPL








NEC Aterm WG2600HP3


電波を360度全方位へしっかりと飛ばすことができるうえに、業界最速の実効スループットを実現しているWi-Fiルーターです。今後も長く快適に使い続けたいという方におすすめのモデルです。

MU-MIMOを搭載しているので、最大3台までの端末と速度を落とさずに同時に通信することが可能です。また、バンドステアリング機能を搭載していて、5GHz帯と2.4GHz帯の混雑していない周波数帯へ自動で振り分けてくれます。同時にネット通信をする端末が多く、速度が低下したり固まってしまうようなことを防ぎ、快適な高速通信が可能となります。

ネットやスマホ依存から子供を守るための「こども安心ネットタイマー」機能が搭載されています。とても安心して使うことができるとして、日本PTA全国協議会の推薦を受けています。こども安心ネットタイマーはパソコンから操作できるだけでなく、操作が便利になるようにスマホからも操作できるアプリが用意されています。

スマホで簡単に設定できる機能や、無線LANの引っ越し機能も搭載しています。

外出先から自宅のパソコンにアクセスすることが可能な機能が搭載されています。面倒な設定や登録をしなくても、無償で簡単に使えるようになっていてとても便利です。

無線LANや有線LANを使っていないときは自動で節電モードになる機能も搭載しています。消費電力が削減され、電気代も安くなります。

 NEC Aterm WG2600HP3







ELECOM WRC-1167GST2


トレンドマイクロ社のセキュリティ機能が搭載された、安心設計の無線LANルーターです。悪質なウェブサイトへのアクセスをブロックしてくれたり、脆弱性を狙う攻撃から守ってくれたりするなど、とても心強いです。このルーターに接続した機器すべてを守ってくれますので、セキュリティソフトをインストールできない機器があっても安心です。

バンドステアリング機能を搭載していて、回線の混雑状況を見て自動的に空いている帯域に振り分けてくれるので、快適な通信が保たれます。

ビームフォーミングやMU-MIMOにも対応しているため、同時に通信しても電波がつながりやすく、高速で安定した通信が可能です。

初期設定はとても簡単で、使用している回線を自動で判別してくれます。スマホからのアクセスはバーコードを読み取るだけでよく、とても簡単です。ルーターを買い替えた場合でも、引っ越し機能が搭載されていて、端末の再設定を行う必要がありません。

こどもネットタイマーというペアレンタルコントロール機能が搭載されていて、モバイルゲーム機やスマートフォンの接続を制限することができます。1日に使用できる時間を制限したり、決まった時間帯だけ接続できるようにしたりすることができます。

 ELECOM WRC-1167GST2






tp-link AC1200


アンテナが外に出ているタイプのルーターになります。アンテナの向きを変えることによって、電波を飛ばす方向を調整することが可能になります。

カタログ記載のスピードは上記2機種に比べて遅くなりますが、実際に使用するにあたってはほぼ問題のない速度です。また、5GHzと2.4GHzの帯域で同時に通信し、メールなどのデータ量が少ない通信の場合は2.4GHzで、動画やゲームなどの通信量が多いものは5GHzを使うという使い分けがされるので、通信のパフォーマンスが良くなっています。

本体底面にネジ穴があり、壁にかけて使うことができます

スマホ専用のアプリがあり、設定も簡単です。

TP-Link社はWi-Fiメーカーとして世界No.1のシェアを持っています。サポートが充実していて、3年保証、ならびに電話やEmailによる技術サポートのほか、WEBサイトではリアルタイムでの対応が可能となっています。

このルーターは価格がとても安く、非常に購入しやすいです。広い家に住んでいて、ネットを使用する人数や端末がそれほど多くなければ、非常にリーズナブルなWi-Fiルーターとなるでしょう。

 tp-link AC1200