Windows各OS(7, 8, 8.1, 10)でのWi-Fi設定方法



Wi-Fiルーターを自宅に設置した場合に、Windowsの各OS(7, 8, 8.1, 10)からWi-Fi(無線LAN)で接続する方法をご紹介します。

メニュー


Windows 10の場合


1.デスクトップの右下にあるアイコン(下の画像の赤で囲った部分)をクリックします。wifi接続が無効になっているときは(A)のようなアイコンになっていますが、有効になっている場合は(B)のアイコンが表示されます。


(A) 


(B) 



2.Wi-Fiでの接続が無効になっている場合は、Wi-Fiをクリックして有効にします。





3.Wi-Fi接続が有効になると、下の画像のように接続可能なネットワーク一覧が表示されます。接続したいネットワークを選択してください。







4.「接続」ボタンをクリックします。






5.セキュリティキー(パスワード)を入力します。ルーターやアクセスポイントのパスワードを入力してください。






6.「このネットワーク上の他のPC やデバイスが、このPC を検出できるようにしますか?」と表示される場合は以下のようにします。

公衆無線LANなど、不特定多数がアクセスするようなネットワークへ接続する場合は、「いいえ」ボタンをクリックします。ホームネットワークや社内ネットワークに接続する場合は、「はい」ボタンをクリックします。




7.接続すると下のように表示が変わります。接続が完了しました。






8.デスクトップ右下のアイコンが下のようになります。







Windows 8, 8.1の場合


1.デスクトップの右下にあるアイコン(下の画像の赤で囲った部分)をクリックします。







2.wifi接続がOFFになっている場合は、下のような表示になります。Wi-FiをONにします。






3.Wi-Fi設定がONになっていると、接続可能なネットワークの一覧が表示されます。接続したいものを選んでクリックすると「接続」ボタンが表示されますので、クリックします。





4.セキュリティキー(パスワード)を入力します。






5.このネットワーク上のPC、デバイス、コンテンツを探し、プリンターやTVなどのデバイスに自動的に接続しますか?」、または「PCの共有をオンにしてこのネットワークのデバイスに接続しますか?」と表示されます。

公衆無線LANなど、不特定多数がアクセスするようなネットワークへ接続する場合は、「いいえ」ボタンをクリックします。ホームネットワークや社内ネットワークに接続する場合は、「はい」ボタンをクリックします。




6.接続に成功すると、下のように「接続済み」と表示されます。





7.デスクトップ右下の表示も、下の画像のようにアイコンが変化します。







Windows 7の場合


1.デスクトップの右下にあるアイコン(下の画像の赤で囲った部分)を確認します。wifi接続が有効になっている場合には(A)のように表示され、無効になっている場合は(B)のように表示されます。(B)はwifiが無効になっていて、有線LAN(ローカルエリア接続)が有効になっている場合に該当します。


(A) 

(B) 




2.wifiが無効になっている場合は、wifi接続を有効にします。元々wifiが有効になっている場合は3.に進んでください。


2-1.まず、ボタンを押して、コントロールパネルを選択し、「ネットワークと共有センター」をクリックします。


2-2.下の画像のように、「アダプターの設定の変更」をクリックします。




2-3.「ワイヤレスネットワーク接続」をダブルクリックすると、wifi接続が有効になります。無効化するときは、右クリックするとポップアップメニューが表示されるので、「無効化する」を選択してください。


 



3.デスクトップの右下にあるアイコン(下の画像の赤で囲った部分)をクリックします。






4.ワイヤレスネットワーク(SSID)の一覧が表示されますので、接続したいものを選びます。SSIDはWi-Fi親機の機器に貼ってあったり、説明書に記載されていたりします。







5.接続ボタンをクリックします。






6.ルーターやアクセスポイントのセキュリティーキー(パスワード)を入力します。パスワードはWi-Fi親機に貼ってあったり、説明書に記載されていたりします。






7.接続に成功すると、「接続」と表示されます。






8.デスクトップ上のアイコンが下のようにかわります。